伝統の技が生み出す信頼の姫鍬|堤製作所

ENGLISH カタログDL
堤製作所の歴史 職人と技 姫鍬の由来 沿革 製品紹介 取扱店舗 お問い合わせ お知らせ一覧
トップヘモドル

姫鍬の由来

HOME > 姫鍬の由来

姫鍬の由来 刀匠兼定の鍬 ~ 今に通じる理念
農の宝「姫鍬」・・・と。その名は今に伝承。

城

語り伝えによれば、天正十七年。

芦名義広公(会津城主)は磨上原の戦に敗れ常陸に奔ったが、継姫(つぐひめ)は逃げおくれ、
家老の富田右近と共に身を隠した。農家の娘を装って継姫も農耕の手伝い等をしなければならぬ境遇であった。

健気にも痛々しい姫の姿を見るに忍びず、右近は元芦名家の刀匠兼定を密かに訪ね、
姫の為に特別軽い鍬を作ってくれるよう依頼したのであった。

姫鍬

兼定は魂を込めて、刀法の理を応用した素晴らしい鍬を作り上げた。
翌、天正十八年九月、蒲生氏郷公が会津に入城し、姫をめぐるこの美しい事の始終を聞き、大いに賞した。
その労を慰め、氏郷公は鍬を納めた箱上に、墨痕淋漓(ぼっこんりんり:筆で書いた文字が黒々と、
生き生きとして勢いのあるさま)と添書をしたのであった。農の宝「姫鍬」・・・と。